写真展、ありがとうございました

大阪梅田での写真展に来場いただき、ありがとうございました。

おかげさまでたくさんの方に来ていただき、また読売新聞にも掲載されて
新聞を片手に立ち寄られた方もいらっしゃいました。



障害のある被災者への支援のための募金も45,100円集まりました☆
こちらは「ゆめ風基金」さんへとお届けいたしました。

この後、写真たちは12月のラブジャンクス(予定)、来年3月のJDS会場へと出張し、その後で参加者皆さんのところへ戻ります。

その間、bochi bochiの会で保管しておきますが、
もし、自分の街でも開催したい!という方には、参加者の皆さんの了解を得て、貸し出しも可能です。
開催場所がありましたら、ご連絡ください。
(bochi bochiの会が主催することはできませんが、作品提供とノウハウ提供をいたします)

また、今回作成した冊子は、会場に来られた方には無償でお分けしています。
参加者の方で会場に来ることができなかった方には、来年三月の作品送付と一緒に冊子をお送りします。
会場では一冊だけもらったけど、もっと配りたい、などの場合は、bochi bochiの会までご連絡くださいね。

=======================================
■bochi bochiの会

大阪のダウン症候群の子どもたちを持つ6家族のグループです。
のんびり育つ子どもたちと一緒に、楽しく子育てしたい♪子どもたちの笑顔をばらまきたい♪と写真展や、自転車会などの活動をしています。
2009年に最初の写真展「ゆっくり育て、私たちの宝もの」の後に写真展に協力してくれたメンバーでbochi bochiの会を作り、皆様のご協力で合計5回の写真展の開催を行うことができました。
ただ、私たちも小さい子どもを持つ親であり、またそれぞれに仕事も持っています。
年々、スタッフがスケジュールを合わすことも困難になり、会場や資金についても問題が発生しています。
5回目の開催を機に、一度企画を練り直し、また皆さんが元気になるような、そしてスタッフも楽しいイベントを考えたいと思います。
たくさんの方に支えられて続いて来た写真展ですが、一旦一区切りとし、また改めて開催したいと思います。そのために、皆様のご意見がいただければ嬉しく思います。

もしよろしければ、以下のところまで感想や開催してほしいイベントなどアイデアをお知らせください。
今後の参考とさせていただきます。

メールアドレス:ex@bochi-bochi.info

posted by: bochi6 | 写真展 | 13:14 | - | - | - | - |

ぼちぼちいこか、いっしょにね5 写真展が始まります♪


いよいよ明日21日から写真展が梅田で始まります♪
ダウン症の子を持つ家族による写真展です。 
 
今回で5回目です。(次回未定)
一旦お休みに入らせてもらう予定です。
なのでぜひぜひ皆様お立ち寄りください♪ 
 
ぼちぼちいこか、いっしょにね5 ラブラブ写真、大集合! 
 
9/21(金)午後1時〜23日午後3時
21日13:00〜21:30
22日 9:30〜17:00
23日 9:30〜15:00 

3日間ともに開催時間が異なります。気をつけてくださいね。 
 
場所は大阪市総合生涯学習センターです。 
〒530-0001
大阪市北区梅田1-2-2-500
大阪駅前第2ビル5階
各駅より徒歩数分
地下鉄 御堂筋線・梅田/四ツ橋線・西梅田     谷町線・東梅田
J R 大阪駅/東西線・北新地駅
私 鉄 阪神電車・梅田/阪急電車・梅田 
  
今回は土日のみ家族とお子さんの休憩スペースを用意いたしました。
お友達・ご家族の休憩時にご利用 ください。 
 
当日bochi-bochiの会スタッフがお待ちしております。
お気軽にお声をかけていただけると嬉しいです。
みなさまのお越しをお待ちしております♪
posted by: bochi6 | 写真展 | 22:31 | - | - | - | - |

告知チラシが出来上がりました☆


いよいよ、写真展まであと10日ほどになりました。
少し遅くなってしまいましたが、写真展の告知チラシが
出来上がりました♪

参加者の皆さんには、少しずつですが郵送していますので
周囲の方やお友達に告知して、写真展のご案内をお願いします。 また、足りないよ〜と言う方、こちらのブログで知った方へ向けては、

PDFファイルを用意していますので、ご利用ください。

このチラシに使われている写真の二次利用はお断りいたします。

告知目的でのプリント、配布については、ご自由にお使いください。


http://bochi-bochi.info/download/2012kokuchi.pdf


たくさんの方に会場でお会いできるのを
スタッフ一同、楽しみにしています!
日時:9月21日:13時〜21時半   22日:9時半〜17時   23日:9時半〜15時
場所;大阪市総合生涯学習センター5階ギャラリーB(大阪駅前第二ビル)http://osakademanabu.com/
posted by: bochi6 | 写真展 | 05:08 | - | - | - | - |

2012 秋の写真展、応募要項を公開します

 
2012年 秋の写真展の日程などなど、決定いたしました。
応募要項を公開します。

応募受付は、2012年7月1日(日)〜31日(火)までです。

もう既にとっておきの写真があるんです〜!って方も、ちょっと待ってくださいね。
早くメールをいただいて、お返事ができない可能性があります。
7月までじっくりあたためて、素敵な写真コメントを作ってくださいね☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1. 展覧会の概要

「ぼちぼちいこか、いっしょにね5 〜ラブラブ写真大集合!〜」

9月21日(金)〜23日(日)
大阪市立総合生涯学習センター ギャラリーB (大阪市北区梅田)

※展示場所は追加される可能性があります。


2009年から続く、写真展の第5弾です。
今回は、ラブラブ写真ということで、お子さんのとーっても大好きな人やものと一緒に
撮った写真を募集します。兄弟やご両親などの家族はもちろん、仲良しのお友達、ペット、
キャラクターまで「ラブラブぶり」が伝わってくるような写真をお願いします。
特に家族の写真は毎回大好評です。たくさんのご応募お待ちしております。

応募された六つ切り写真と、コメントを展示します。

約70名ほどの参加を見込み、来場は三日間で累計700人程度と予想しています。


2. 参加費 一口 1000円(1家族2口まで)

3. 必 要 事 項

応募者の氏名、住所、電話番号、
  ※ダウン症候群以外の方は、ゆっくり成長している理由もお書き添えください。
  展示、冊子などに解説文を掲載することがあります。
連絡が取りやすいメールアドレス
  (実行委員会からの連絡は、メールがほとんどとなります)
▼以下は展示、冊子に使用します。
 お子さまのニックネーム、年齢(月齢)、
 居住地(都道府県・市、展示掲載不可も可能※冊子には掲載しません)
 写真のタイトル、応募写真についてのエピソード(200文字程度)


応募先、注意事項などは、詳細をご確認ください。
PDFデータを用意しています。(PDFデータの閲覧にはAcrobatReaderが必要です)

☆☆お知らせ☆☆
bochi bochiの会は、ダウン症候群の子どもを持つ6家族の小さなグループです。
写真展は手探りで始めましたが、人員や予算の関係上、今回の5回目で一旦一区切りと
考えています。
今後、規模など変更しつつ、改めて企画していこうと思います。
これまでのご協力に感謝するとともに、今後の企画についてもご理解お願いいたします。


■お問い合せ
 bochi bochiの会 mail@bochi-bochi.info
posted by: maimu* | 写真展 | 13:50 | comments(0) | - | - | - |

【2011年度写真展】参加者様へ!

bochi bochiの会から、2011年の写真展参加者様へご連絡です。

既にメールなどでご連絡がいっていると思いますが、
アドレス変更などで、メールが返って来てしまう場合がいくつか発生しています。
そのため、ここでも重ねて告知させていただきます。

ご都合の悪い場合は、bochi bochiの会までご連絡ください。


:::::::::::::::::::::

写真展に ご参加いただいたみなさまにラブジャンクスさんよりのお願いです。

ラブジャンクスさんが「3月21日 世界ダウン症の日」にあわせまして3月31日(土)に門真市にてイベントを開催予定です


写真展に、ご参加いただいたみなさまのお写真を会場にて展示できないかとのご提案をいただきました。



■展示は、ホール前ロビーの予定です
※展示について ご都合が悪い場合には、26日(月)までにご連絡くださいませ。
お写真の展示を外すこともできます。

以下、イベント詳細です。

:::::::::::::::::::::::

世界ダウン症の日×FULL HOUSE
2012年3月31日 12時〜17時 

門真市民文化会館大ホール

【料金】
前売:1700円(税込・全自由席)
当日:2500円(税込・全自由席)

◆チケット取扱

チケットぴあ 0570-02-9999(P コード:418-667)
ローソンチケット 0570-084-005(L:52608)
e+ http://eplus.jp

※備考:6歳以下チケット不要(要保護者同伴)

この日はたくさんのダウン症児者とキッズダンサーが出演します。

::::::::::::::::::::::::::


みなさまのご協力、よろしくお願いいたします。
当日はトコトコの会さんの写真も展示されますよ〜(予定)

posted by: bochi6 | 写真展 | 09:21 | comments(2) | - | - | - |

『世界ダウン症の日写真展 in 大阪』

『世界ダウン症の日写真展 in 大阪』のお知らせです。

日時:3月17日〜25日(10時〜18時 最終日は16時まで)
場所:梅田スカイビル40階 空中庭園展望台ギャラリー
主催:財団法人 日本ダウン症協会 大阪支部



毎日新聞の3月7日(水)付の朝刊大阪面に
記事が掲載される予定です。

20日(祝)にはミニコンサートを行う予定ですが
出演者2組が決まりました。

ダウン症者のヘルマンハープ演奏グループ
「アルペジオ・ジャパン」と
NPO法人「さをりひろば」の本部で活動する知的障がい者らの
7人+αのユニットの「キンキ雑楽団」
です。

さをりの本部では
ディスプレイ用のさをり織り生地も
鋭意制作中です。

posted by: bochi6 | 写真展 | 15:45 | comments(0) | - | - | - |

東大阪市役所展

三日間という短い期間でしたが、遠いところから足を運んでくれた方もおり、
スタッフ一同、感謝しております!
ありがとうございました!!

次は京都の映画「うまれる」自主上映イベントに写真たちは参加します。
京都トコトコの会さんの写真展スケジュールも決まっています。
後日掲載いたします♪

さて、東大阪展は、梅田展とはまた違うプラスαの展示として、
アフリカンドラマーの新倉壮朗(タケオ)さんの写真展示と、DVD上映をしております。
新倉さんは映画にもなった、ドラマーさんで、きっとご存知の方も多いと思います。

また、京都のアーティスト、居川晶子さんの作品も展示しました。
こういったすばらしい方々には、「ダウン症の」とか「障害がある」とかの冠をつけずに紹介したいのですが、今回の趣旨は「ダウン症の赤ちゃんを授かった家族に、明るい未来を見ていただく」というのが目的の一つでもあるので、あえて「ダウン症の」先輩たちをご紹介しています。

東大阪周辺の作業所と呼ばれる施設の作品紹介もしています。
作業所って侮るなかれ。
おしゃれなお店にあるようなステキな雑貨、おいしいと評判の食品やお菓子、
完全オーガニックな布製品など、逸品が揃っています。

また、こういった施設や先輩たちは、bochi bochi写真展冊子などで取材して
ご紹介していきますし、このブログでもご紹介するので、お楽しみに☆
posted by: bochi6 | 写真展 | 14:54 | comments(0) | - | - | - |

☆2月8日〜10日まで東大阪市役所にて開催です☆

 

毎日ほんとうに寒いですね。
さて、こんな寒い毎日だからこそ!
笑顔の写真でほっこりしませんか?


来る2月8日〜10日、東大阪会場での
写真展が始まります。
去年、11月に梅田で開催した写真と作品を
東大阪市役所1階にて、展示します。


梅田展で大好評だった
家族新聞や、ラブジャンクスの紹介記事のほか、
東大阪近辺の作業所さんで作られている雑貨やお菓子の展示を
行います。

さらに社会で活躍する先輩紹介として、
カラフルアートでおなじみの居川 晶子さんの作品展示、
アフリカンドラム奏者「新倉壮朗(タケオ)」さんの写真パネル展示、
演奏DVDの上映も行います。

お近くの方は、是非、遊びにいらしてくださいね。
梅田展とは、また一味違った会場ですので
ゆっくりご覧頂けると思います♪




日時:2012年2月8日〜10日(10時〜16時)

場所:東大阪市役所 1階 多目的室


詳細は、こちらをご覧ください☆
 ●チラシ表(A4)PDFファイルをダウンロード(3.4MB)




posted by: kaori | 写真展 | 12:11 | comments(0) | - | - | - |

ゆめ風基金さんへ募金を持って行きました。

写真展で、皆さんから寄せて頂いた募金(60,275円)を持って
bochiスタッフのkaori&akkoが、ゆめ風基金(http://yumekaze.in.coocan.jp/)さんへ行ってきました。
(『ゆめ風基金』とは、自然災害で被災した障がい者を支援する団体です。)
送金してもOKだったんですが、bochiの事もちょっとお話したかったし、
被災地での活動も聞けたらな〜と図々しくも新大阪の事務所にお邪魔してきました。

突然の訪問に一瞬びっくりされましたが(笑)、
事務局長さんが忙しい中、被災地の状況なんかを丁寧にお話してくれはりました。



ゆめ風基金さんは、阪神大震災の時に発足された団体で、
この16年間にたくさんの被災地の障がい者に支援をしてきはりました。
発足当初から「阪神大震災を超える災害が起こったその時には、基金を全額、被災地へ」
という決まり事があったみたいです。
そして、今回の震災はまさに「その時」に値する規模の災害と言う事で、
基金の全額(約2億円!)が被災地へ届く事になるそうです。

それに加えて、この半年で、1億7500万という募金が集まっているらしく、それも含めて
本当に困っている人に、場所に、確実に届けるために毎日頑張ってはります。


震災直後に、まず被災地に住む障がい者の安否確認をしたそうなんですが、
特に沿岸部は被害がひどくて、数か月たっても安否が確認できない場所もあったそうです。
とにかく正確な情報を得れない事には、大事な寄付金を無駄にばら撒く事にもなりかねないので
現地に障がい者支援センターを作って、そこを拠点として活動をスタート。
現地の障がい者施設や親の会とも連携して、「どこに何が必要か」を
徹底的に調査。
そして状況の把握とともに、救援物資を運び、ボランティアを派遣し、
今では介助や病院への送迎なんかもされてるみたいです。


お話の中で1番驚いたのは、このへんの地域(特に山間部)には、介護ヘルパーを
派遣する事業所がほとんど無いという事。

大阪に住む私たちなら、介護が必要になったら、介護認定を受けて、
その段階によってサービスが受けられますよね?(重度になれば受けれる時間が増える)
この制度は国が定めてるものなので
日本に住んでれば全員が当然受けれる権利があるものなのに、受けれて当然なのに、
それを取り扱う事業所がない。
大阪だったら当たり前にある「デイサービス」のような日帰り通所施設も、
知的障がいの人が通えるものはあっても、身体障がいの人の通える場所がなかったり。

なので、公的支援が整ってる大都市と比べて、障がい児・者のいる家庭の負担は
計り知れないものがあると感じました。


それを解消するためにも、当面のゆめ風さんの目標は

「事業所の数を増やしていく事」

だそうです。
そして、いつまでも外部(ゆめ風の派遣職員)が中に入ってやるんじゃなくて、
徐々に地元へバトンタッチしていく。
資金面の援助はしばらく続けていきはるみたいですが、最終的には現地採用の職員で
施設を運営していってもらう事が大事だ、と何度もおっしゃってました。


元々の基礎があった神戸と違って、その地盤も含めて
新たに作って行かないといけない。
それも考えると復興に最低でも10年はかかるんじゃないかな、との言葉に、
改めて、単発の募金じゃなくて長い支援が必要なんだなぁと感じました。


震災から半年。
時間の経過と共に、自分の日常に追われて、震災の事は頭の片隅へ
どんどん追いやられていってるのを感じていた今日この頃。
こうして、今も進行形で復興に向けて毎日頑張っている現地の人たち、
そしてそれを支援するたくさんの方々の思いを直接聞くことが出来て、
本当に良かったです。

bochiの活動の事も、興味深く聞いて下さり、
写真展で集まった募金に、とても感謝していらっしゃいました。
これからも何かある時は協力してやっていきましょう、と約束して
事務所を後にしました。


ゆめ風さんは、1円たりとも使途不明金を出さないように、
HPや会報で細やかな収支報告をされています。
ご興味のある方は、一度、HP覗いてみて下さいね。


ご協力、本当にありがとうございました☆

(written by kaori)



(→入り口に置いてあった看板。
 10年間で1万円(1年1000円)というユニークな募金方法も受け付けてはるみたいです。)
posted by: bochi6 | 写真展 | 17:52 | - | - | - | - |

【写真展】募金、ありがとうございました

さて、写真展が終わり、一週間がたとうとしています。
各方面へのお礼状の送付、現場に来たくても来られなかった参加者さんへの冊子送付など、スタッフは展示会後もバタバタしています。


今回は4回目って事もあってか、参加者からも、閲覧者からも、今後の協力を申し出てくれる人が多かった気がします。
・・・写真展継続の危機を肌で感じ取ってくれたのかな(笑
嬉しいです。
これからも細々でもいいから、続けていきたいです。


今回は、初めて助成金を利用したので「ありがとう特別号」という事でいつも500円で販売してる冊子を無料にしました。
その代金の代わりとして、自然災害で被災した障がい者を支援する「ゆめ風基金」への募金箱を設置。

初期の頃は展示してる写真だけを集めた冊子だったけど、回を重ねるごとにそれだけじゃなくて、手元に大事に置いておきたくなるような、読み応えのある冊子にしたい。
という思いから、内容の充実(作業所さんや支援学校への取材、社会に出て活躍する先輩紹介などなど)を図ってきました。
自分たちは500円の価値があると思って作ってるので、それを無料で配布するってのは結構、勇気がいりました。

「「無料」ってだけでフリーペーパーみたいな扱いになっちゃうんじゃないなぁ〜」とか「今回無料にしてしまうと、次回また値段つけにくいんちゃうかなぁ」とか。
本当に直前まで悩みました。


でも、スタッフみんなで相談して、その分を募金に回してもらおう!となり、その結果、予想を上回る60275円という募金が集まりました。

こちらは、ゆめ風基金さんへと募金させていただきます。


募金がたくさん集まったのももちろん嬉しいんですが、「今回は無料です」って言うとすごく申し訳なさそうに「じゃあ、その分ちゃんと募金してくわね!」って入れてってくれる人が多かったのがすごく嬉しかったです。


いつもいつも素敵な出会いをくれる写真展。
今回も幸せな気持ちにさせてもらいました。



本当にありがとうございました。
posted by: bochi6 | 写真展 | 17:55 | - | - | - | - |